内臓真菌症(深在性真菌症)の詳細

私たちの周りには、カビである真菌があらゆるところに存在しています。
ほとんどの真菌は私たちに害を与えることはありませんが、私たちの体に悪影響を与える真菌もおり、この真菌による感染症を真菌症と言います。
真菌症の種類は表在性真菌症、深在性皮膚真菌症(深部皮膚真菌症)、深在性真菌症(内臓真菌症)の3種類に分類されます。
それぞれの真菌症の症状と治療方法の詳細を説明します。
まず表在性真菌症は、真菌による感染が皮膚表面や角質、爪、毛髪で留まるもので、インキンタムシや水虫、頭部白癬などを発症します。
治療方法としては外用薬として塗り薬を使用します。
次に深在性皮膚真菌症(深部皮膚真菌症)は、真皮や皮下組織内で真菌が増殖して発症します。症状は多彩で他の皮膚病との症状と似たものがたくさんあるため診断は、組織の一部を切り取り検査をします。
治療方法として外用薬の塗り薬ですが、塗り薬で効果のない場合は内服薬も併用します。
最後に深在性真菌症(内臓真菌症)は、全身の臓器や組織が真菌に侵される感染症です。
この病気を発症するのはガンや骨髄・臓器移植に伴う処置や、感染予防機能低下した人を中心に発症しています。
治療方法として抗真菌薬による治療になります。