10代の性行為感染症に用いられるフルコナゾール

すべての女性の75%が、一生に一度はカンジダ症にかかると言われており、10代で感染する人も見られます。カンジダ症の原因は、真菌と呼ばれるカビの一種です。カンジダは皮膚や腸内、陰部周辺などに常在していて、普段は悪さをすることはありません。しかし風邪や過労などで免疫力が落ちると増殖して、かゆみ・発赤・排尿痛等を引き起こします。抗生物質を使い過ぎると、他の細菌が死滅してバランスが崩れ、カンジダが異常繁殖することもあります。
カンジダは性行為感染症と思っている人が多いようですが、厳密に言えば違います。自分自身の尿や便から感染することもあります。しかし性交渉が原因でカンジダ症になる場合もあるので、広い意味では性行為感染症と言えなくもありません。10代で性交渉を行なう人が増えれば、若いうちにカンジダ症を発症するケースも増加すると考えられます。パートナーに感染させることもあるため、他の性行為感染症と同様に、症状が疑われたら早めに検査を受けるようお勧めします。
フルコナゾールはカンジダ症に効果的な抗真菌薬です。人間の細胞膜には影響しませんが、真菌の細胞膜を破壊し、増殖を抑制します。排出が遅く効き目が長続きするため、1日1回の服用で効果があります。フルコナゾールの副作用は少ないほうですが、腹痛や下痢などが見られることがあります。また妊娠中の人や肝障害・腎障害のある人は、医師の指導を受けて慎重に服用しなければなりません。
カンジダはカビと同様に高温多湿を好むので、特に10代のうちは清潔を保ち、通気性の良い下着を着用することが大切です。フルコナゾールは予防薬にもなりますが、普段のケアで予防するに越したことはありません。