フルコナゾールはどんな薬ですか?

フルコナゾールはどんな薬かというと、カビの仲間である真菌を包んでいる細胞膜を攻撃して真菌を死滅させる作用がある抗真菌薬の一つです。
フルコナゾールは真菌の細胞膜成分であるエルゴステロールの生合成を阻害する事によって菌の細胞膜を変化させる効果があり、この効果によって真菌の増殖を防ぐ事が出来ます。
カンジタ属、クリプトコッカス属、アスペルギルス属によって引き起こされる感染症の治療に効果を発揮します。
抵抗力が落ちている人は消化管や肺などの体内で真菌が異常増殖する事があります。
フルコナゾールは抗真菌薬であるために、そうした事が原因の消化器真菌症や呼吸器真菌症、尿路真菌症などの内臓真菌症の治療のために用いられます。
この成分を含んでいる薬はいくつかあり、ジェネリック医薬品としても何種類か販売されています。
副作用としては、発疹や発熱などのアレルギー症状を起こす事がある他に、吐き気、下痢、腹痛などの胃腸障害が起こる事がある事が報告されています。
こうした症状が起きた場合には、服用する事を止めて直ちに医師に相談をした方が良いです。
また、併用が禁止されている薬もいくつかあり、併用すると代謝が遅れる事によって副作用が強まってしまうなどの悪い影響が出る事があります。
そのために、他に服用している薬があるのであれば、処方してもらう前にあらかじめ伝えておくことも大切です。
医師は患者の持病や体質が分かるわけでは無いために、問診の時には服用している薬の他にも持病やアレルギーがあれば話しておいた方が良いです。
特に、過去にペニシリン製剤や抗真菌剤でアレルギー症状を起こした経験がある人、妊婦、肝臓障害や血液障害などがある人は、必ずその事を伝えておくべきです。